株式会社晴光

 
HOME
お問い合わせ
ビル・マンション塗装 戸建塗装 塗装シミュレーション 防水工事 リフォーム 店舗工事
防水工事
株式会社晴光ムービー紹介
ビル・マンション塗装
戸建塗装
防水工事
リフォーム
         
         
         
         
         

防水工事とは


防水工事とは、建物を雨や雪から守るための工事です。
その工法は様々なものがありますが、住宅の性質や施工部分、状況などをしっかり判断し工法を変えていく必要があります。
我が社では社員全員が若く、それによって非常に軽いフットワークで対応の速さに自信があります。
足場から全て自社施工ですので価格も安心。
価格・期間・材料などお客様のニーズにあった信頼施工をお約束致します。


防水工事の必要性


一般的な鉄筋コンクリートの住宅は非常に小さい物ですが、少なからずひび割れが存在しています。
最初はまったく影響ないのですが、年月と共にそのひび割れが大きくなっていき、それが漏水の原因になってしまいます。
漏水すると建物内部に損害をもたらすだけでなく、建物の強度が大きく低下してしまうのです。
そんな事にならないためにも鉄筋コンクリート構造物においては定期的な防水工事が必要になるのです。
それだけではなく屋根・外壁・ベランダなど、雨や水の浸入の可能性がある部分には防水工事を行なう事をお勧めします。
防水工事を行なうことで水漏れを防ぐだけでなく、建物の寿命を長くさせることができるのです。


防水工事の種類


「FRP防水」

FRPはFiber Reinforced Plasticsの略で「繊維で強化されたプラスチック」全体を表しており、色々な繊維や樹脂の組合せにより、用途や目的に応じた製品として私達は利用しています。
防水層自体が軽くて、さらに様々な形状(複雑な施工箇所)に施工でき、仕上げ色も豊富な点は、塗膜防水共通の特長ですが、 FRP防水最大の長所はその『丈夫さ』にあります。
FRP防水は、しなやかな強さ=強靱さであり、今までの防水にはない全く新しい性能といえます。

「ウレタン防水」

ウレタン塗膜防水工法は、その名の通り塗料状のウレタンゴムを屋上やベランダなどに刷毛やローラーなどで塗って防水層を形成する工法です。

「塗膜防水」

複雑な形状でも簡単に施工でき、シート防水に比べつなぎ目の無いシームレスな塗膜で美観に優れるなどの特徴があります。
改修時に建物の傷み具合や利用方法に合わせて、最適な防水層を作ることができ改修工事用として需要が多い防水工法です。


このページのトップへ
Copyright c 2009 Seiko Inc. All Rights Resaerved.